1. TOP
  2. > 精力増強に最適な方法
  3. > 精力増強させる食べ物について

精力増強させる食べ物について

みなさんは「精力を増強させる食べ物」と言われたときに何を浮かべますか? 精の付く食べ物と言われてもわかりませんよね。

そこで、精力増強に良いと言われている食べ物の成分などを分析して、本当に精が付く食べ物を紹介していきます。

ニンニク

ニンニクには「亜鉛」という成分が多く含まれており、精巣や前立腺などの性腺に亜鉛は含まれています。

亜鉛を摂ることにより、前立腺で性ホルモンの合成にかかわり、精子数の増加に働きかけてくれるのです。 他にもニンニクには、アリシンアリチアミンアセチルコリンなどの精力増強成分が含まれています。

これらの成分は、疲労回復に効果があります。 疲労が回復することによって精力に必要なスタミナが回復したり、活力が上がるので精力増強をサポートしてくれます。

精力の低下や減退してきた方は、ニンニクを摂ると改善されるかもしれませんね。

山芋

山芋にはネバネバの正体である「ムチン」や「アルギニン」が多く含まれています。

ムチンは新陳代謝を活発にし、疲労回復にも効果がある成分です。 アルギニンは、体内で一酸化窒素を生成し、血管を拡張し血流を改善します。

これにより、勃起しやすくなり精力がアップするのです。 また、勃起不全(ED)の改善にもなるので、中折れや勃起不全(ED)でお悩みの方は山芋を摂るといいでしょう。

うなぎ

うなぎにはビタミンAビタミンB1ビタミンB2ビタミンEが豊富に含まれています。

また、ビタミンが豊富なだけではなく亜鉛も含まれているので、疲労回復やホルモン分泌の活性化、精力増強に効果的です。 うなぎは値段が高いので、あまり手が出せないかもしれませんね。

納豆

納豆には、ナットウキナーゼという酵素が含まれており、血液をサラサラにして動脈硬化を防いでくれます。

また、ムチンという成分も含まれているので、精を付けることができるでしょう。 納豆には大きな精力増強効果がありませんが、ナットウキナーゼの持つ血液浄化作用や動脈硬化防止の2つが精力低下・減退を予防します。

牡蠣

牡蠣には「亜鉛」が豊富に含まれているので精力増強に期待できます。 亜鉛は「性のミネラル」とも呼ばれている成分で、精力増強だけではなく「免疫力向上」や「ダイエット効果」「リラックス効果」などの効果もあります。

牡蠣小屋などに行けば、亜鉛をたくさん摂ることができるので、たくさん精が付くでしょう。

ニラ

ニラにはセレンが多く含まれています。 セレンは体内にある栄養素で、セレンが不足すると精子の量が減ってしまいます。

他にもビタミンB1をはじめビタミンAやビタミンE、ビタミンCなどのビタミンを含んでいることもニラの特徴です。 各ビタミンは、精力回復や滋養強壮に欠かせない栄養素で、それらのビタミンを一度に摂取できるニラは精力増強には欠かせない食材です。

豚レバー

レバーは鉄分が多く含まれている食べ物ですが、亜鉛も豊富に含まれています。 亜鉛は精液を増加させ精子の活動を活発にする働きがあります。精力を回復させるためには、必要不可欠な成分です。

また、たんぱく質・アミノ酸・ビタミンA・ビタミンB1なども、牛や鶏のレバーよりも含まれているので、レバーを食べるなら豚レバーがおすすめです。

まとめ

精力増強する成分は「亜鉛」や「ムチン」「アルギニン」などの成分とみられる。 ニンニクは手軽に摂ることができると思うので、精力が低下・減退してきた方はニンニクを摂るといいでしょう。

top